観光情報

松江城も宍道湖夕日スポットも徒歩圏。観光に最適な立地。

松江観光で外せない松江城や宍道湖夕日スポットは、道順もわかりやすくスムーズに行けます。
また、近年話題の出雲大社観光も松江しんじ湖温泉駅から直通で便利。
各観光地をもっと楽しむための宿泊プランもご用意していますので、ご利用ください。

 

オススメ観光地一覧

  • 国宝 松江城

    松江のシンボル「国宝 松江城」は、全国に現存する12天守の一つで、入母屋破風の屋根が羽を広げたように見えることから別名「千鳥城」とも呼ばれています。天守の北側には護国神社、城山稲荷神社があり、公園内の遊歩道からは、季節ごとに様々な樹木の観賞、野鳥の観察のスポットにもなっています。ホテルからは徒歩圏内のため朝夕の散歩もおすすめです。

    松江市殿町1番地5

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩:15分 車:5分

    公式HPはこちら

  • ぐるっと松江 堀川めぐり

    水の都松江を流れる堀川から城下町を体感できます。特に、武家屋敷、小泉八雲記念館が並ぶ塩見縄手から、江戸時代は松江城三の丸だった島根県庁までの内堀は緑も美しくおすすめです。乗船場は松江城の大手門跡前にあり、ホテルから徒歩で15分。松江城の観光とセットでどうぞ。

    大手前乗船場(松江市殿町193)

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩:15分 車:5分

    公式HPはこちら

  • 宍道湖の夕陽とサンセットクルーズ

    日本の夕陽百選に選定されている宍道湖の夕日。夕映えの湖面、雲に彩られた空。季節によって変化する景色は見飽きることがありません。市内を東西に流れる大橋川と南北をつなぐ4本の橋。一番西にある宍道湖大橋の袂に建つ当ホテルから夕日観賞スポットまでは歩いて直ぐです。夕涼みがてら出かけてみてはいかがでしょう。

    宍道湖大橋・白潟公園・島根県立美術館・岸公園
    宍道湖夕日スポット(松江市袖師町5)

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩1分~20分

    公式HPはこちら(松江観光協会)

  • 八重垣神社

    出雲神話の中で最も有名なヤマタオロチ退治のお話の主人公、スサノオノミコトと妻のイナタヒメ(別名クシナダヒメ)を祀った神社です。縁結びの聖地として、全国から幸せを求めて多くの人が訪れます。中でも、境内の奥の森にある「鏡の池」に紙を浮かべて、沈む時間と距離で縁を占う“縁占い”が人気です。当ホテルから八重垣神社までの送迎サービス付宿泊プランもあります。

    松江市佐草町227

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩+バス 約40分

    公式HPはこちら

  • 美保神社

    全国各地にある事代主神(ことしろぬしのかみ)を祀る「えびす社」3385社の総本宮です。 伝統行事も多く残る美保神社には参拝する人が絶えません。事代主神は大国主神(オオクニヌシノカミ)の御子神でもあり、いつしか大国主神(だいこく様)を祀る出雲大社と事代主神(えびす様)を祀る美保神社を両参りすることで、より良い縁に恵まれると言われるようになりました。 ※写真は国譲り神話の一場面を儀礼化した祭「諸手船神事」

    松江市美保関町美保関608

    松江ニューアーバンホテルから 車:60分

    公式HPはこちら

  • 出雲大社

    出雲大社は“だいこくさま”として慕われる、御祭神の大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)は、その御神徳から縁結びの神様として広く知られていますが、恋愛だけではなく様々な“良いご縁”をいただける神社です。2000年には境内から鎌倉時代の御本殿の巨大な柱「心御柱(しんのみはしら)」(国重要文化財)が発見されました。 2000年には境内から鎌倉時代の御本殿の巨大な柱「心御柱(しんのみはしら)」(国重要文化財)が発見されました。

    出雲市大社町杵築195

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩+電車 約90分

    公式HPはこちら

  • 島根県立美術館

    宍道湖のほとり美しい夕日を望む場所にあり、展覧会だけでなく市民、観光客に親しまれています。穏やかな波状のカーブを描く高い天井のロビーに足を踏み入れると、目の前には湖の景観が広がります。 島根県立美術館から望む夕陽は「日本の夕陽百選」にも選ばれており、閉館時間は3月~8月は日没後30分まで延長されます。アートと湖面を彩る夕陽、どちらも堪能できる美術館です。

    松江市袖師町1-5

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩:15分

    公式HPはこちら

  • 足立美術館

    横山大観をはじめとする近代日本画や日本美術院の画家を中心した現代日本画、北大路魯山人らの陶芸、童画、木彫などを収蔵しています。また、50,000坪の広大な日本庭園は、アメリカの日本庭園専門誌で15年連続日本一に選ばれています。日本庭園と日本画の調和を基本方針に、日本の四季の美と日本画の魅力を発信している美術館です。

    安来市古川町320

    松江ニューアーバンホテルから 車:40分

    公式HPはこちら

  • 松江歴史館

    松江城の東に隣接し、江戸時代には藩の家老屋敷が立ち並んでいた場所にある松江歴史館。江戸時代に城下町として築かれた松江の変遷や、現在の町に隠された秘密について資料展示はもちろん、映像模型などで紹介しています。館内には創作和菓子の実演販売を行う喫茶「きはる」も併設。和菓子と抹茶をお楽しみいただけます。

    松江市殿町279

    松江ニューアーバンホテルから 徒歩:15分

    公式HPはこちら